WORKS

京都(みやこ)クリエイターズのネーミングとコンセプトメイキングをお手伝いしました。

先日、京都を中心としたクリエイターコミュニティー「京都(みやこ)クリエイターズ」、通称みやクリが立ち上がりました。

この「みやクリ」立ち上げに際し、ネーミングとコンセプトメイキングを少しだけお手伝いしたので、今回はそのプロセスを少しばかりご紹介したいと思います。

ネーミング

「みやクリ」は、大阪の「なにわクリエイターズ」、通称:なにクリ、や、東京の大江戸クリエイターズ、通称:江戸クリの姉妹コミュニティとして、京都在住のデザイナーである佐藤恵月さん、ヨシザワハナさんの2名によって立ち上げられました。

当初は京都(きょうと)のクリエイターコミュニティということで、シンプルに「京都(きょうと)クリエイターズ」として、通称「きょうクリ」となっていました。
ですが、この「きょうクリ」という響きがイマイチしっくりきません。
微妙に語呂が悪い印象を受けます。

そこで、「京都」を「きょうと」ではなく、「みやこ」と読むアイディアから、みやこクリエイターズと名付けるのはどうか、と提案しました。

「みやこ」と打ってるもそのまま京都と変換されますし、「京の都のみやこクリエイターズ」の意味合いから、通称:みやクリ。とすることで語呂感も良い感じになります。

コンセプトを設計する

せっかくネーミングをしたので、という理由もあり、ここからコンセプトメイキングに関わることになりました。

初期の発想として思い浮かんだのが「京都」=「雅(みやび)」というイメージです。

世界に誇る古都であり、着物の文化、寺社仏閣、京美人に京野菜。
京都には「雅」が溢れています。

また「みやクリ」の「みや」は雅のみやとも掛かります。

みやクリは、京都のみやびなコミュニティ。という基本イメージが固まりました。

さて、ここからコンセプトに肉付けをしていきます。

まず、京都のみやびを他の言い方で表現できないかを考えました。
ここで出てきたキーワードが「花鳥風月」です。
一応、裏どりのために花鳥風月の意味を調べます。

かちょう‐ふうげつ〔クワテウ‐〕【花鳥風月】
1 自然の美しい風物。「花鳥風月を友とする」
2 風雅な趣を楽しむこと。風流韻事。風流。

うん、バッチリです。
そして、さらに思考を発展させ、創設者二人の名前に注目しました。

佐藤恵
ヨシザワハナ

なんと、二人の名前にも花鳥風月の2文字、月と花が入っているのです。

これはドンピシャでした。
この時点で、みやクリのみやび=花鳥風月 を主軸にするアイディアが確定します。

この思考をベースに、ロゴも「花鳥風月」をモチーフにお二人が作成。

これは恵月さんの得意とする「パターンアレンジ」もしやすく、またハナさんの得意とするシンプルデザインにも合う、とても洗練されたみやびなロゴとなっています。


このロゴと合わせて、最終的に完成させたのが、以下のコミュニティ・コンセプトでした。

MIYAKO CREATORS とは
「みやクリ」は「京のみやこ」で、「雅なクリエイティブ」を矜持とする二人が立ち上げた、優雅で風雅なコミュニティーです。
みやくりの「みや」は都(みやこ)と、雅(みやび)のダブルミーニング。
ロゴのモチーフは「花鳥風月」です。
かつて、自然の風物・景色を題材にして詩歌を作ったり、絵を描いたりする風雅な遊びは「花鳥風月」と表現しました。
そして、みやクリの共同運営である柘植恵月とヨシザワハナ、二人名前にも「花」「月」の文字が入っています。

みやクリでは、単なる交流会にとどまらず、しっかりと手を動かす「作業ベース」での運営を目指します。
そして京都のクリエイティブを盛り上げ、発信し、ゆくゆくは「京都を日本クリエイティブの中心に!」を合言葉に活動を盛り上げていきます。

 

今後のビジョン設計

さらに、このコンセプトをベースとして、一年間のビジョン設計を行いました。
「一年をかけてこのコミュニティを少しずつ成長、拡大させていく」というプランを持った二人の考えをベースにして、一年を4等分。
それぞれの時期を花・鳥・風・月の4文字に当てはめてキャッチコピーを用意しました。

今後のビジョン
展開案:1年を4つに分割し、成長させていくイメージで運営します。

初期案(8月〜10月)
Wake Up KYOTO.(花開き、目覚めよ京都。)

中期案(11月〜1月)
Stand Up KYOTO.(鳥飛び立ち、踏み出す一歩。)

後期案(2月〜4月)
Speed Up KYOTO.(風を受け、いま加速の時。)

最終案(5月〜7月)
Grow Up KYOTO.(月は満ち、更なる高みへ。)

コンセプトワード「花鳥風月」を全ての軸に盛り込むことで、一貫したブランディングの核としています。

みやクリの本格始動は2019年8月とのこと。
関西、京都在住のクリエイターさんはぜひチェックしてみてください。

ただし、「みやクリ」はみやびなコミュニティなので「一見さんお断り」どすえ〜
よろしゅうおたのもうします〜

 

ABOUT ME
アバター
Andy
we.編集長/Design Offiice io COO./Creative Director|東京⇆京都の2拠点生活。| 企業の経営課題を解決するデザイン・コンサルやクリエイティブ・ディレクションやってます。|ミニマル思考と独特の着眼点で「?」を「!」にする発想・提案が得意。|日本のビジネスにクリエイティブの革命を起こしたい。