WORKS

office io|肩書きをデザインする。いずみの編集室さまブランディング案件【前編】

今回ご紹介するのはoffice ioとして年明けから対応させていただきました「いずみの編集室」さまでのクリエイティブ制作案件についてです。

この案件の内容は、実はSchooさまのオンライン講義でも題材として取り上げさせていただいたもの。
コンセプトの設計からビジュアル展開まで、クリエイティブをどう生み出してきたのかを解説したいと思います。

肩書きをデザインする

今回ご依頼いただいたのは、大手出版社からライターとして独立したばかりの「あさのみ」さまでした。
すでに「いずみのへんしゅうしつ」という屋号で活動を開始していました。

あさのみさんからの依頼内容としては、肩書き、ロゴ、パンフレットをデザインしてほしいの3つ。

パンフレットは4月に開催されるクリエイターエキスポ(今回は延期が決定)で使用したいというもの。
そのパンフに合わせて、肩書きの再定義を行い、またそれに合わせたロゴ変更のデザインをお願いしたいというものです。

そこで、まずは肩書きをどう設計したのかを解説していきます。

まず、依頼をいただいた時点でのあさのみさんの名刺に書かれた肩書きは「ライター/エディター」というものでした。
シンプルですし、わかりやすいので、この肩書きそのものがダメだということはありません。

ですが、あさのみさん自身としては、自分の業務内容としてのギャップを感じていました。

そのギャップとそこからの解決課題をまとめると以下の3点です。

・「ライター」という肩書きだと対応可能な業務内容を表しきれない。
・しかし、ディレクターやプロデューサーだとイメージがズレてしまう。
・伝えたいのは企画提案から取材、構成、記事執筆までワンストップで対応可能なこと。

まずはこのギャップを埋め、自らの業務内容を適切に表す肩書きに変えたいという部分が大きなポイントとなりました。

肩書きの重要性

少し余談になりますが、肩書きは大事です。

それこそサラリーマンであっても、自分が何者かということは「役職」以外の肩書きで名乗れた方がいい、とボクは常々思っています。
なぜなら、それこそが自分の強みを分析し、唯一無二の武器に出来る可能性がある能力のアピールだからですね。

だからと言って、無理して新しい「プロ無職」とか「プロ奢られヤー」みたいな奇抜な肩書きを作る必要はありません。

もちろん、特徴的な肩書きはみんなに覚えてもらいやすいし、そのメリットは大きいです。ですが、ここで大事なのは、自分の特技や特徴を的確に表せているかどうかの方です。

例えば、いつでも笑顔を絶やさない営業に自信があるのなら「スマイル満点営業王」を名乗ってもいいわけです。
経理が得意で、しかも丁寧迅速、ミスがないことを売りにするなら「完全無欠の経理」を名乗ることもできます。

要は自分の武器をどう見せたいか、どうみせるべきか、が肩書きを考える上での大事なことなんですね。
これはフリーランスであれば尚更大事にしたい考えではないかと思います。

ご提案

さて、今回のあさのみさんの肩書きについて、ボクの提案はこちらでした。

いずみの編集室長

シンプルです。
ですが、この短い言葉の中で、必要としている印象をしっかり与えることができると考えました。

ねらいとしては、簡単にまとめると以下の感じになります。

・編集室長とすることで、企画から執筆納品までの業務規模に奥行きと幅を持たせる。

・実際にひとりでは対応出来ない規模感の業務内容はチームを編成して対応ができる。

・クライアントさんに業務全体の管理進行ができる信頼と安心のイメージを提供する。

実際にあさのみさんはライターだけでなく、その前後の工程すべてにおいて対応できるだけのスキルとキャリアがあり、しかも自分自身は「企画提案から携わりたい」という思いがありました。

企業担当者が新しい連載企画をどうしようか悩んでいるときに、「企画もできるライターです」とアピールするのと、「編集室長として、企画を提案から執筆まで管理進行できます」と言いう印象を与えられた時、どちらの人に頼むでしょうか?

その時に、「編集室」という奥行きは必ず武器になると確信しています。

また、当初は「いずみのへんしゅうしつ」とすべてひらがなで名乗っていた屋号にいても、「いずみの編集室」と編集室を漢字に変えていただく提案をしました。
すべてひらがなだと可読性というか、一瞬での認識力が少し落ちます。

ターゲットと言うか、一緒にお仕事をされるのは企業の方であることを考慮すると、子供らしい可愛らしい読み物が得意な印象や雰囲気はもっと削っても理解いただけるだろうと言う判断ですね。

また、「編集長」ではなく、「編集室長」と、あえて「室」をつけたところも戦略です。

やはり「編集長」だとちょっと偉そうと言うか、厳しい印象がないわけではありません。
それに対して「室長」とすることで、自分の「部屋」と言うか、お気に入りのフィールドとメンバーをちゃんと管理する優しさやコンパクトさが付加できると考えたわけです。

ここはニュアンスなのですが、あさのみさんとしては「いいですね!私の好みの部屋を作っていくイメージ!」と言うことで快諾いただきました。

いずみの編集室 編集室長 あさのみ ゆき

とてもあさのみさんらしく、また事業イメージをきちんとお伝えできる肩書きになったのではないかと思います。

ロゴをデザインする

この肩書きと業務定義をベースに、ロゴのデザインを行いました。
デザインしたのはoffice io のCEOであり、デザイナーであるhanaさんです。

コンセプトメイキングの思考過程についてはまた改めて詳細記事を書きたいと思ってますので、今回は簡単に。

最終的に用意したコンセプトは「宝の詰まったおもちゃ箱。」でした。

とても可愛らしく、また発想を刺激するようなロゴにできたのではないかと思います。

と言うことで、今回は肩書きのデザインを中心に解説をしていきましたが、次回はロゴの設計について、さらに詳しく記事にしてお伝えできたらと思います。
ぜひそちらも合わせてご覧ください。

 

office io のその他の仕事はこちらから

 

告知

Office io では、中小・零細企業さま向けのミニマル・ブランディング・サービスを提供しています。
企業や商品販売、プロジェクトのコンセプトから設計し、揺るぎない方針を提案します。

・企業イメージを統一したい
・運営施設の内装を整えたい
・プロジェクトのコンセプトが欲しい

そうは思いながらも、月間100万単位のブランディング費用はとてもかけられない・・・という企業さま、ぜひ一度お気軽にご相談ください。

問い合わせはこちら

ABOUT ME
アバター
Andy
we.編集長/Design Offiice io COO./Creative Director|東京⇆京都の2拠点生活。| 企業の経営課題を解決するデザイン・コンサルやクリエイティブ・ディレクションやってます。|ミニマル思考と独特の着眼点で「?」を「!」にする発想・提案が得意。|日本のビジネスにクリエイティブの革命を起こしたい。