WORKS

Office io|トータルクリエイティブをデザインする。温楽ノ森ロゴデザインについて

前回はグランピング施設「温楽ノ森」の名称とコンセプト設計について解説してきました。

今回はそのコンセプトをベースに制作したロゴの話です。

ロゴをデザインする

Office io では、ロゴをデザインする前に必ずコンセプトを明確に言語化します。
これはボクが「コンセプトのないデザインはただの落書き」という信念があるからです。

そして、デザイナーであるhanaさんも、このコンセプトが自分のなかにしっかりと浸透していないとロゴ造形のアイディアがなかなか出せません。
なのでioでは必然的にコンセプトを重視する制作スタイルになるわけです。

今回の温楽ノ森のコンセプトについては、前回の設計がベースです。
その上で、どうビジュアル造形をしていくかを大切にして制作を進めました。

まず、大事なポイントとして「楽しそう」であること。
ここは外せません。
なのでioとしては珍しく、少し色を多く使う構想にしました。
コンセプトにある「イロトリドリ」の部分を端的に表現したかったからです。

その上で、何かしら象徴的なモチーフを用意することにしました。
キャンプ場であり、コンセプトを表現し、かつ可愛いらしく、女性に好まれるクリエイティブ…このあたりをいろいろ試行錯誤する中で、ioとしてはロゴ提案を2案にまで絞り込みます。

一つは森をシンプルにビジュアライズした「木」のモチーフ案。
そしてもう一つがキャンプ場の1日を自然の造形で表現した「日々」のモチーフ案の二つです。

A案

 

B案

ここで運営企業の代表である天川さんに提案。
A、B案、どちらが良いか、話し合いました。

ですが、残念ながら(笑)この案件をディレクションしているボクも、この経営者である天川さんも本来ターゲットとなるべき「2−30代の女性でママさん」ではありません。
ボクらの判断で良いとされるデザインが左右されることは本位ではない。

そこで、ツイッターでのアンケートを取るという手法を取り入れました。

戦略的SNSコミュニケーション

普通であれば、クライアントさんとの協議で方向性を決めるロゴデザインですが、あえてオープンにしていろんな人の意見、感想を求めるというやり方は新しい試みだったと思っています。

もちろん、これを行うにはそれなりの条件があります。

まず、クリエイティブ側に確固たる信念があり、外野の意見に左右されたり、日和ったりしない軸があること。
そしてもう一つが、経営者と直にやりとりができ、感想や知見、感覚をダイレクトにシェアできる関係性と状況が構築されていること。

少なくとも、この二つが揺るぎない状態にできない限り、外野の意見はただのノイズになってしまいます。
ただ人の意見を聞き、取り入れたら良いというわけではありません。

この感覚が揺るぎないからこそ、例えばすごくシンプルに、ボクから天川さんに「それはデザインとしてやめた方がいいです」と伝えたこともあったりしました。

天川さんのボクらへのクリエイティブに対する信頼と、天川さんの経営判断に対してのボクらの信頼が少しずつうまく噛み合ってきたからこそのやり取りではないかと思います。

そういう意味で、この関係性とシステムが構築できた部分では、「温楽ノ森のプロジェクト」は小さいながらも「デザイン経営」のような形で進められたモデルケースの一つになったのではないかと思っています。

温楽ノ森のデザイン経営についてはまたこのプロジェクトが一段落したところであらためて詳しく語れたらなと思ってます。
ご期待ください。

さて、少し話がずれました。

このアンケートの結果、最終的にはA案が採用されました。

中には「二つの案を混ぜたら良い」という意見もありました。
これは想定の範囲内です。

良さそうな二つを見ると、つい人はそれを混ぜたくなります。
ですが、デザインとはその造形に到るまで、ありとあらゆることを考え設計しているわけです。
それが文脈と呼ばれるものだったりします。
やはり全てがトータル設計されたクリエイティブが揺るぎなく、またブレないわけです。
残念ですが、コンセプトもデザインも「混ぜるなキケン」ですね。

ちなみに、もし混ぜるなら、アイディアの時点からやるべきです。
ゼロベースでデザインやクリエイティブを設計するなら問題はありません。
逆に言えば、そうでないと揺るぎないクリエイティブは生み出すことができないわけですね。

ちなみに、ボクらがどちらの案でも、こだわったのは「グッズ化」までを見越したオブジェクトの展開イメージです。
これがあることで、この先のクリエイティブがすべて統一イメージで制作可能になるわけです。

A案グッズ展開

B案グッズ展開

クリエイティブ展開

さて、このロゴが確定したことで、他のクリエイティブについても制作が進んでいきました。
ここからは実際に制作した温楽ノ森のクリエイティブをご覧いただきたいと思います。

メインのれん

乙女の湯のれん

お風呂のれん

アメニティー

webサイト

温楽ノ森公式サイト

これ以外にも、入浴チケットやチラシ広告の入稿データなど、さまざまなクリエイティブを一貫してデザインさせていただきました。

いまはまだ、単なるビジュアル展開の一つに見えるかもしれません。
ですが、この設計がここから積み重なることにより、「温楽ノ森」は明確なブランドとして認知、拡散されていくハズです。

これからの展開がますます楽しみです。

Office io のこれまでのお仕事はこちらをチェック

Office io|「I」をデザインする。株式会社インプレシャスさまブランディング案件【前編】

Office io|「I」をデザインする。株式会社インプレシャスさまブランディング案件【後編】

Office io|肩書きをデザインする。いずみの編集室さまブランディング案件【前編】

Office io|発想をデザインする。いずみの編集室さまブランディング案件【後編】

Office io|つながる情熱をデザインする。MUSICINGさまロゴ制作

Office io|COHPLUSさま名刺デザイン

Office io|スマホケースに守護星をデザインする

Office io|名刺で「ご縁」をデザインする

 

 

告知

Office io では、中小・零細企業さま向けのミニマル・ブランディング・サービスを提供しています。
企業や商品販売、プロジェクトのコンセプトから設計し、揺るぎない方針を提案します。

・企業イメージを統一したい
・運営施設の内装を整えたい
・プロジェクトのコンセプトが欲しい

そうは思いながらも、月間100万単位のブランディング費用はとてもかけられない・・・という企業さま、ぜひ一度お気軽にご相談ください。

問い合わせはこちら

 

ABOUT ME
アバター
Andy
we.編集長/Design Offiice io COO./Creative Director|東京⇆京都の2拠点生活。| 企業の経営課題を解決するデザイン・コンサルやクリエイティブ・ディレクションやってます。|ミニマル思考と独特の着眼点で「?」を「!」にする発想・提案が得意。|日本のビジネスにクリエイティブの革命を起こしたい。